トップ » 故人のための葬儀とは

家族にとっての葬儀について

葬儀というと気持ちが落ち込みがちになる人が多いのではないでしょうか。しかし、もともとこうした儀式では、故人の話で盛り上がって悲しいというよりも、楽しむコミュニケーションの場でもあったのです。その感覚を残しているのが大阪です。葬儀自体をコミュニケーションの場として、残ったみんなで楽しむことで、悲しいという気持ちを思い起こすことなく、故人を送ることが最高の式でもあるのです。私の住む関西では人情味の街とも言われていて、そうした気風はこうした式にも表れているのです。悲しむのではなく、皆で楽しい場所にしているのです

地元で行う葬儀について

地元で葬儀を行う際には、土地の常識をチェックしておくことが必要となります。地域の繋がりが強いエリアであれば、しきたりにも差があるのです。色々なしきたりがあり、反してしまうととても失礼になってしまうのです。失礼のない式を執り行わなければいけません。不幸があった際にはまず地域で対応をしてくれる葬儀会社に連絡をしなければいけません。どういう式にしていくのかということも相談することが出来るようになっているので、とても助かります。どういう式にするのかある程度考えておくことも大切なこととなってくるのです。