トップ » 葬式にかかる費用とプラン

葬儀の流れや費用について

葬儀は個人に縁がある方が最後のお別れに集まるため、非常に多くの方が集まるため、大きな規模になることが一般的です。その費用は200前後と高額で、ある程度は参列者から頂く香典で賄うことが可能となります。しかし、100万近くは自己出費となるため、故人の貯蓄や死亡保険などを充てる方が多いようです。葬儀は、ご臨終があり、その後は自宅にて安置し、枕教などを行い一晩過ごします。翌日には通夜を行い最後のよるを過ごし、その翌朝から告別式が行われ、火葬という流れとなります。

葬儀に革靴はマナー違反か

葬儀の場では殺生をイメージさせる革製品はマナー違反だと言われていますが、革ではない靴を探すことは簡単ではありません。実際には光沢のあるもの、動物を想像しやすいもの、金具などがついているものでなければ問題なく使用できます。紐も金具だから紐付きの靴も使用すべきではないという考えもあります。マナー違反にはなりませんが混雑している式場では脱いだり履いたりするのが大変な場合もあります。女性の場合は飾りのない艶のないプレーンなパンプスを選べば葬儀用としてふさわしい靴になります。