サービスデスクやヘルプデスクを導入すること

この部署はどんなことをするところなのか

サービスデスクというのはどのようなことをするのかといえば顧客からの問い合わせに対して応対したりとか情報を別の部署にあげるために処理したりするみたいなことをしています。やっていることはヘルプデスクと似ているようなものではありませんがサポートデスクの方が請け負うことになる業務数が多いことでしょう。法律的にこの何々デスクというのは何をするものであるということが決まっているわけです。どちらにせよ基本的にはそれなりの企業であればそういう部署を作るという必要性が出てきます。なぜかと言いますと特にダイレクトに消費者との繋がりがある企業などにおいてはどこに問い合わせればいいのかというのがわからない、ということがあったりします。そういうことになってしまいますとせっかくの商機などを見逃してしまうなんてこともあるでしょう。そうならないようにするためにきちんとした受付をする専門の部署というのを作るのが一般的になっているわけです。それがサービスデスクとかヘルプデスクと呼ばれるところになります。

あることによって得られるメリットは

基本的にこういう部署を新しく作ったりとかあるいはアウトソーシングでも良いですが導入したりするという形になりますとお客様の満足度というのが登場する可能性が極めて高いです。それを目的にあるということもそうなのですがそこから上がってくる情報というのは結構重要であったりすることが多く、あくまでサポート的なところとイメージしてしまう人が多いのですがそこから収益がダイレクトに上がるわけではないにせよ、それに匹敵するくらいの重要度がある部署となってくれることでしょう。しかし、ノウハウがない、ということも多いです。そもそも最初からあるのであればそこを運用していけばいいだけの話なのですが一から作ろうとなると結構苦労することになります。

ノウハウがないときには借りてくる

ノウハウなどがない場合は基本的に外部からシステムをまるまる借りるというような形にするというのも良いでしょう。自社製品のサポートなどが借りてきたシステムで出来るのかと思うでしょうが意外とこれがすっきりとできるようになっています。人材そのものも派遣などで済ませるということもできたりするわけで、具体的にはそういうサービスデスクとかヘルプデスクということのコンサルティングをしているようなところにまずは相談しに行くということが良いでしょう。

記事を共有する